livenews

イライラが一瞬でなくなる投資家のためのメンタルコントロール法

投稿日:

堀北式株価デトックス理論という教材の中で、
私はメンタルコントロールについて
説明しております。

教材を学んだ会員様からこのメンタルの
ことがとても良かったと好評いただいております。

投資家が身につけるべく7つのメンタルコントロールは
お金には代えがたい価値があると自負しております。

 

これは非常に深い内容ですので、
話し出すと2日間くらいのセミナーができそうですが、
今日は一つカンタンなメンタルコントロールをお伝えします。

株を買ったり、売ったりすることで、
現金が値動きの激しいものに変わった瞬間
人間の脳は興奮状態になります。

 

持っている株が上昇して含み益がどんどん増えると、
ワクワクして楽しくなりますよね。

それとは逆に持っている株がどんどん下がって、
含み損が増え続けてくるとイライラしてきます。

 

「なんで株が上がらないんだろう?」

 

ということで、その投資を決断したことを
後悔したり、それを進めてくれた人や情報に
対して怒りが感じてきます。

目の横のこめかみのあたりが、
張ってくるような感じがしませんか?

 

怒りが爆発してキレた時は、
このこめかみのあたりの緊張が最高潮に達します。

 

怒りが限界に達すると、
大きな声をあげたり、ものにあたったり、
ふてくされたりしますが、
これを毎回行っていくと自分が傷つきます。

 

目では見えませんが自分の心に、
矢がどんどん刺さっているようなもので、
イライラした気持ちをすぐにクリアしなければ、
怒りや不安も膨れ上がっていくのです。

そういった怒りの感情はすぐに
クリアしなければいけません。

 

このクリアリングの方法を一つお伝えします。

プロのアスリートでは試合のたびに、
絶体絶命のピンチを何度も経験します。

怒りたくなったり、悲しくなったりします。

それ自体は特に問題ないのですが、
その気持を一瞬で切り替えしなければいけません。

その具体的な方法は何かと言うと、
呼吸法です。

人間の脳は感情的になっている時に、
興奮状態になりますが、
それを唯一静められるのが呼吸法です。

やり方はカンタンです。

呼吸法によるメンタルクリアリング法

1,鼻から息を吸う(3秒)
2,息を止める(2秒)
3,口からゆっくり息を吐く(15秒)

ヨガなどでもよく行われる腹式呼吸ですね。

ポイントは、

・息を吸う時はお腹を風船のようにふくらませる

・息を吐く時はお腹と背中がくっつくようなイメージで吐ききる

です。

 

これを目をつぶって行うことで、
緊張状態が一瞬にして正常な状態になります。

プロ野球選手などは、
このようなことを試合中に何度も行っています。

脳を必要以上に緊張させないためであり、
冷静な判断を作ることができます。

テレビなどでプロアスリートが絶体絶命の
ピンチになった時の呼吸法や
ジェスチャーに注目してみてください。

 

もし、あなたが投資で思い通りに行かなくなった時、
イライラしたり怒りを感じても構いません。

しかし、それが続くことが問題なのです。

必要以上のエネルギーを使わないためにも、
まずは落ち着くまで呼吸法で脳の緊張を
静めてみてください。

 

これにより冷静な判断を下せることがあります。

よく、こめかみに力が入ったまま、
行った投資の決断が「間違いだった」と
後悔したことはありませんか?

不安や怒りでは長いスパンでの
冷静な判断ができなくなってしまいますので、
まずは落ち着いて見てください。

 

最終的な意思決定のアドバイザーは
自分です。

ぜひ、呼吸法を活用して脳の変化を
感じてみてください。

本日も素晴らしいトレードができますように。

627x177px.png


-livenews
-, , , , ,

Copyright© 堀北晃生の「空売り道場」公式サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.